auひかり 評価

auひかりは、最大1Gbpsの高速インターネットです。ほぼ全国に対応しています。なんと、プロバイダは今のまま乗り換えるなんてこともできるんです。

 

そんな不思議なサービスを行っているauひかりの、気になる評価。
消される覚悟で元プロバイダ代理店の従業員の視点から、判断してみたいと思います。

 

メニューへ

 

時間が無い方のために、簡潔にまとめたものがあります。

 

 

auひかりの料金に対する評価

戸建とマンションで月額料金が違います。以下の料金体系です。

 

月額料金

戸建 マンション
月額 5,100円〜6,300円 月額 3,400円〜5,000円

 

金額に幅があるのは、プランや契約者数などで変動するからです。戸建の方が、やや高額になっています。

 

auひかりは、平均よりもやや高めという月額費用に設定されています

 

ただしこれは、セット割を利用しないときの評価になります。また、初期費用など入線時にかかる料金も比較してみました。

 

初期費用

戸建 マンション
初期費用 37,500円

登録料 3,000円

初期費用 30,000円

登録料 3,000円

 

こちらも高いですよね。こんなに高ければ安易に契約できませんね。しかしです。安心してください。実はこの初期費用は、キャンペーンを利用すると実質かかりません。

 

どこのプロバイダも、キャンペーンで初期費用をサービスして加入し易くしているんです。

 

工事費還元キャンペーン

 

私が知る限り、初期費用を全額支払った、という話はあまり聞いたことがありません。聞いたことが無いだけなので、100%とは言えませんが、知ったうえで比較する必要がありますよね。

 

プランや加入者数により金額が変わりますが、他のプロバイダと比較して、平均的と言えます。

 

料金に関連する記事

 

 

auひかりの品質(速度・安定性)に関する評価

 

 

最も気になる速度・品質ですが、速度は光の中でも最高ランクのギガ対応です。代理店に勤めていたので分かるんですが、通常は工事終了後に速度測定をするんです。

 

そして、測定時にあまりにも速度が出ないような事があると工事を終了できないんです。だから、ギガに対応しているという時点で、通信速度はさほど気にする事はないと思います。

 

問題は品質です。込み合う時間帯に安定して通信できるのか。トラブルでつながらない事が頻繁に起こっていないか。と、いう点です。

 

この事については、サポートにもつながることなので、次の項目でまとめて調査しました

 

auひかりのサポートに対する評価

 

サポートと品質を調べるのに最も参考になるのは、現在利用している方の声です。ですので、口コミ・評判を調査することにしました。

 

下り速度が半分程に落ちることがあります

 

戸建でauひかりホームに加入しました。
下り回線速度は270Mbps 出ています。上り回線速度も230Mbps出ています。込み合っている時間帯は下り速度が半分程に落ちることがあります。

 

auひかりとso-net(ソネット)を組み合わせての評価は大変良い

 

auひかりとso-net(ソネット)を組み合わせての評価は大変良いようです。事前に調べましたが、サポートが悪いという報告はありませんでした。

 

料金がもう少し安くならないか検討中

 

auひかりでso-netを利用しています。
快適に利用しているんですが、料金がもう少し安くならないか検討中です。お得なキャンペーンがあれば乗り換えたいと考えています。

 

NTTフレッツの光回線を、そのまま使うことがあると聞きました

 

auひかりはNTTフレッツの光回線を、そのまま使うことがあると聞きました。調べてみると確かに契約して光回線を増設する事無く工事が完了した方がいるようです。

 

結果には満足です

 

auひかり+so-netで申込み、設置が完了しました。
速度測定をしたところ、上り350Mbps、下り220Mbps出ています。
込み合う時間帯に測定してみたところ、上り300Mbps、下り160Mbpsでした。結果には満足です。
機器の調整をしたところ、上りも下りも700Mbps出るようになりました。

 

口コミで分かったのは、みなさん加入時に色々調べていらっしゃるということです。それと、auひかりとso-netの組み合わせが良いという情報がネットには多くありました。

 

また、サポート・安定性も比較的良い評価を得ているという事です。

 

加入を考えている方がいらっしゃれば、プロバイダ選択はso-net(ソネット)を選ぶのが良いかと思います。

 

品質・サポートに関連する記事

 

 

auひかり電話サービスの評価

 

 

auひかり電話サービスの良い点・悪い点をまとめました。

 

インターネットの申込みで電話サービスをどうしようか迷われている方は、このことを確認しておかなければ、結構大変なことになります。

 

自営や会社の方も電話サービスに申し込んでしまうと、大変なことになることがあります。ぜひ契約前に確認しておいてください。

 

auひかり電話サービスに申し込むとどれくらい安くなるの?

 

auひかりのIP電話「auひかり電話サービス」

月額基本料金 500円 (2回線目からは450円)

 

通話料
 一般電話へかけたとき 8円/3分
 携帯電話へかけたとき 16円/1分 (auへは15.5円/1分)

 

比較するためにNTTの料金を分かりやすくのせます。

 

NTT基本料金

月額基本料金 1,450円〜2,750円

 

通話料 県外100Km以上昼間だと 80円/22.5秒

 

基本料金には幅がありますが、1,600円前後の方が多いようです。通話料は、最大の設定・金額をご紹介しています。

 

ちょっとメーカーなどに問い合わせなどであれば、ほぼこれにあたりますからね。料金では圧倒的な違いがありますよね。

 

NTTでちょっと長話なんかしてしまったら、ゾクゾクッとするような設定金額ですよね。

 

auひかり電話サービスにすると起こる不都合なこと

 

ファックスが送れないことがある

 

基本的にauひかり電話サービスでは、FAXも使えると案内されています。しかし、機器の機種や回線の種類によっては送れないことがあるんです。

 

どちらかと言うと自分よりも、相手が古い機種や契約の場合、送れないことがあります。

 

 

かけれない電話番号がある

 

一番多い問題は、0120のフリーダイヤルや0570ナビダイヤルにかけれないことがあります。これは、auひかり電話サービスだからかけれないのではありません。

 

フリーダイヤルの契約者がIP電話からの着信を拒否設定していることがあるんです。私はずっとIP電話ですが、この拒否設定にしているフリーダイヤルが意外と多かった記憶があります。

 

停電になると電話がかけれなくなる

 

インターネットを介して電話をかけますので、停電になると機器の電源供給が無くなります。必然的に電話をかけれなくなるということです。

 

通常の電話は、電話線から電気が供給されているため、停電でもかけることができるんです。

 

auひかり電話サービスにすると店舗・自営などの場合に起こる不都合なこと

 

クレジット端末が使えなくなる

 

これは、私の経験からなのですが、一般回線からIP電話回線にしたとたん、クレジット端末が使えなくなりました。結構新しい機器だったんですが、対応していなかったようです。

 

あれから数年経ちましたので、今は対応した機種が出ているかもしれません。もし、数年前の端末をお待ちであれば特に気を付ける必要があります。

 

フリーダイヤルに申し込めない

 

auひかり電話サービスに申し込んだ後にNTTにフリーダイヤルを申し込んでも取得することができません。

 

auひかり電話サービスに申し込むと同時に、NTTの加入権利は休眠扱いになるようです。

 

 

auひかり電話サービスの評価まとめ

 

月々の基本料金、通話料が格段に安くなります。インターネットと同時に申し込むと、特典(キャッシュバック)などが多くなることも利点としてあります。

 

その反面、いつでもつながるという安心感は無くなり、かけることが出来ない状況も生まれてきます。安心の為に固定電話を契約されている方は、避けられる方が良いと思います。

 

また、仕事に利用する方で、深夜の営業や仕事でFAX・クレジット端末を多用される方は注意が必要と言えます。多数回線がある中の幾つかを、auひかり電話サービスに切り替える。

 

そういった使い方が、最も良い方法ではないでしょうか。

 

電話サービス関連記事

 

auひかりの入線工事の評価

 

入線工事に日数がかかる場合があります。

 

フレッツ光であれば、それほど工事に期間を要することはないのです。

 

それには理由があったんです。

 

もし、そのマンションに一人も加入者がいなかった場合、マンションの管理会社との交渉をして、許可がないと入線工事ができないのです。管理会社が許可をしない場合もよくあることですし、許可が下りても調査の結果、光ファイバーを引くためのスペースが無く、入線できないこともあるんです。

 

この一連の交渉に2〜3ヶ月かかることもあるんです。戸建ではなかなかそのようなことはありませんが、集合住宅ではよくあることだったんです。

 

そのような意味では、集合住宅への入線工事で、その建物に一人も加入者がいない場合は、入線までの期間が長期化することを覚悟して申し込まなければなりません。しかし、それを回避する方法があります。

 

それは、auひかりの公式サイトの「WEBで申し込む」のところの「提供エリアの確認」で入線済みのマンションを確認することができます。全ての入線済みマンションが出る訳ではありませんが、ここに住んでいるマンションが表示されれぱ、工事期間は短くて済むということです。

 

 

工事に関連する記事

 

 

評価で最も重要なことまとめ

 

回線を評価するうえで最も重要なのは最高速度ではありません。よくネットでは600Mbps/s出たなど、最高速度の計測結果が上げられてます。

 

大きなファイルをダウンロードして、本当は2〜3秒かかるところを0.2秒でダウンロードできたよ。なんていう人はいないと思います。ユーチューブを快適に観るのに必要なのは、最低2Mbps以上あればまったく問題がないのです。

 

より高画質で観れるという利点はあると思いますが、そんな高画質で動画をアップロードしている人の方が少ないくらいです。

 

プロバイダを契約するうえで、重要な評価とは、安定性・サポートの対応なんです。安定性とは、混雑時でもしっかりと速度が出ていることと、不具合の起こりにくさです。

 

 

サポート対応は、ちゃんと電話がつながることと、オペレーターがちゃんと対応してくれるかどうかです。口コミを参考にすると、安定性の面ではやや不満が書き込まれていますサポートについて悪く書いている人はあまりいませんでした

 

auひかりは安定性では少し不安が残ります。設備増強など、今後の改善に期待したいところです。

 

サポートにつながるということは、それだけ回線の安定性を保つことにもつながります。顧客のクレームを受け止め、改善に生かす体制ができているからです。

 

そういう意味では、auひかりはサポートを重視している方に向いたプロバイダと言えます

 

 

お得にauひかりに加入するには

 

お得にauひかりに申し込むのにキャンペーンを利用する方法があります。auひかりに直で申し込んでも特典があります。

 

代理店を通して申し込むと、それにプラスして代理店特典とプロバイダ特典が受けられます。

 

少しお得に加入することができます。また、スマホがauの方は月額費用が安くなるセット割があります。

 

 

 

キャンペーンに関連する記事